読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

挨拶工房

挨拶工房です。ぷよぷよ通のお話します

イバラで攻める

イバラからの連携が意識的に狙えるようになってきたので自分用に動きのメモ

 

土台組み切るか組み切るちょい手前くらいのタイミングで常に大きめの単発いわゆる「イバラ」をものすごく意識する且つ打った後の残しを想定して刺さった時の動きをイメージする。

実践譜。このフィールドでまずイバラになりうる色、形を探す

 

ちょっと都合いいけど例えば赤緑2連続来た時

勿論これを狙いに行くんだけどこれを打つ前に

残ったこの形が見えているかとこの形からどう追い打ちを重ねるかのイメージをする

都合良いけど黄紫ハチイチでニトリ。多分真ん中からぶっ壊すのがセオリーだと思う

だぁ積み使いとして今一番習得したい形。

これも青黄色のイバラを打った後の残りの形を想定して追い打ちの流れを打つ前に決めておく

一番短い土台のぶっ壊しが良いので大体真ん中からの発火がよさそう。

どれもこれも単発が刺さって追い打ち打てば良い展開にはならないです。

例えば上のイバラとかチラ見しただけで危ないのはわかるし狙ってる感もすごいです。

なので打った後本線打たれた時のために

折り返し伸ばしやすいようになんか置いときましょう。

相手が本線発火してきたら折り返しの黄色起点に伸ばして勝ち。

刺さってくれれば

真ん中からぶっ壊しで勝ちです。

 

ポイントは単発を探す視野と打った後の残りの形を把握することですね。