読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

挨拶工房

挨拶工房です。ぷよぷよ通のお話します

【ネタバレ注意】UNISON SQUARE GARDENのライブに行ってきました

ぷよぷよ記事じゃないです!

以前のブログでもUNISON SQUARE GARDENのライブのレポートを書いてました。(下記参照)

挨拶工房(仮) 【ネタバレ注意】TOUR 2016「Dr.Izzy」オリックス劇場一日目ライブレポート

 

今回はUNISON SQUARE GARDENの自主企画live "fun time HOLIDAY 6"のなんばハッチでのライブを見てきました。趣旨としてはユニゾンが他のバンドを招いて対バンを行う的な企画です。

 

バン相手はTHE BACK HORNバックホーンに関してはコバルトブルーしか知らないにわかでしたが過去のセトリとか見てると定番曲で固めたものが多いので定番曲だけ聴いてからライブを見たんですけど熱くてかっこよかったです。ああいう声の出し方って自分はできないので羨ましかったり。マイク一本で表現する魅力を再確認しました。

 

でトリのユニゾン。セトリのネタバレを書くので見たい人だけスクロールしまくってください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

01.to the CIDER ROAD
02.Silent Libre Mirage
03.桜のあと(all quartets lead to the?)
04.プロトラクト・カウントダウン
05.instant EGOIST
06.オリオンをなぞる
07.光のどけき春の日に
08.デイライ協奏楽団
09.フルカラープログラム
10.徹頭徹尾夜な夜なドライブ
11.天国と地獄
12.mix juiceのいうとおり
EN
13.シュプレヒコール~世界が終わる前に~
14.アトラクションがはじまる(they call it"No.6")

 

でした。

 

一曲目予想としてはそろそろメッセンジャーフロム全世界やるんじゃないかと思ってたけど別の場所で一曲目に使ってるし方向性は間違ってなさそう。

セトリに沿って感想書いていきます。

 

01.to the CIDER ROAD

うおおきたーーーって感じでした。多分UNISON SQUARE GARDENで一番好きな曲です。

 

02.Silent Libre Mirage

すかさず始まった新曲。またセトリに組み込みやすいちょうど良いバランスのシングルが生まれたなーって感じです。野球で言ったら2番セカンドみたいな感じ。流星のスコールとかもそんなイメージ。

 

03.桜のあと(all quartets lead to the?)

そのまま代表曲の一つ桜のあと!シングルの中では一番好きかもしれないです。最後に歌ったり序盤で勢いつけるために今回みたいな曲順に配置したり万能な四番バッターですね。自主企画ライブだからシングル曲とか代表曲は控えるのかなと思ってたけど今回かなり定番の曲多めで意外でした。

 

04.プロトラクト・カウントダウン

MC後の一曲目。前聴いたのは一年前のFCライブ以来?二年前の方かも?

サビ前のじゃーんじゃーんじゃーーーん(伝わって)のとこで田淵さんがベースから手を放すのかっこいい。

 

05.instant EGOIST

ニゾンの変化球曲。「さぁ手を叩こう?」の歌詞の時手を叩く人叩かない人、まばらな会場を見るのが毎回好きです。

 

06.オリオンをなぞる

オリオンとか絶対やらないと思ってたなw 他のバンドとかでよく見る所謂ヒット曲の呪いみたいなのにユニゾンはかかってなくてすごいなーって思う。

他のバンドってライブ絶対これやらないとお客さんが納得しないみたいなのってあると思うんですけどユニゾンはそういう曲に甘えずにあえてセトリに入れなかったりして定番化しないからこういうヒット曲をさらっとやったりもできるし田淵さんはそういうところまで考えてセトリ組んでて素晴らしいなと思います。

 

07.光のどけき春の日に

今回の唯一バラード。ライブで聴くとほんとコーラスがきれいなんですよね。中々聴く機会ないし今回聴けて良かったです。

 

08.デイライ協奏楽団

聴きたいなーと思ってた曲の中の一つ。

この曲もユニゾンでしかできないような曲だなぁ。

 

09.フルカラープログラム

ここからの畳み掛けが凄かった。完全無欠のロックロールなんだよな・・

 

10.徹頭徹尾夜な夜なドライブ

徹頭徹尾もやるかーって感じ。生で聴くとやっぱり本気でバカやっててめちゃかっこいいんですよね。振り切ってていい。

 

11.天国と地獄

これも今のユニゾンの定番曲。斎藤さんの声も調子良くてサビの一番高いところめっちゃきれいに出ててかっこよかった。

 

12.mix juiceのいうとおり

完全に勝ち来たセトリだったんだなってこれ聴いて思いました。田淵さんがすごくいい顔してたのが印象的だった、気に入ってるんでしょうね。

EN
13.シュプレヒコール~世界が終わる前に~

いやー待ってましたって感じでした。ユニゾンを聴き始めて一番最初に好きになって歌詞を覚えた曲ですごく思い入れがあります。コーラスがきれいでライブ映えする曲です。

14.アトラクションがはじまる(they call it"No.6"

最後にこれ持ってくるのずるいですね。欲を言えばオトノバが聴きたかったけど、個人的にはユニゾンのライブへの姿勢を提示する曲って認識だからこの曲を最後に持ってくることに意味があったんでしょうね。

 

駆け足で書いてみました。振り返ると思ったより定番曲が多かったなーって印象でした。

.フルカラープログラム~.mix juiceのいうとおりの流れとかツアーとかでもこんなボリュームすごいセトリないなーって感じ。

 

斎藤さんの声も絶好調だったし田淵さんと鈴木さんもめちゃくちゃかっこよかった。

 

やっぱりUNISON SQUARE GARDENのライブは自分の中で特別なのかもしれないです。なんか明日もちょっとがんばろっかなみたいな気になります。

次のツアーや自主企画ライブも絶対参加したいなぁ

 

おしまい