読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

挨拶工房

挨拶工房です。ぷよぷよ通のお話します

ぷよ近況(物好き向け記事)

ぷよぷよ

 

上を目指すにあたってなんとなく本線を発火したりなんとなく催促を組んでそれをぶっ放したりなんとなく対応手を作ってそれをなんとなくで対応してたらA級の上位層と渡り合えない事を最近強く感じます

 

元々自分は連鎖を組む事が楽しくてこのゲームやってる所が根本にあったので巧さを求める事はしてても強さとは何なのかという事を考える事をあまりしてなかったんですよね

 

ここ一年二年位で周りに同世代の強いぷよらーが増えてて自分も強くなりたいなって思うようになって今更そういう事を考え始めた時に自分は勝つ為に必要な技術を身に付けられてないんだなと感じました。

 

主に凝視や判断力や中盤力 この3つが周りのライバルに比べて欠けてる部分だと思いました。この辺は連鎖技術よりも勝敗に直結する部分なのでA級中位層以上と戦う為には出来て当然の技術なのかもしれないです

 

特に意識してるのは判断力

いくら土台手順や形で優位を取っていてもアクションを起こす起こさない1つ1つの判断が遅いとどんどんその優位は時間が経つと共に減っていき簡単に不利な状態に一転します。

判断力と言ってしまうと難しいですけど判断を誤っていたとしてもアクションをとる速度が速いだけでも相手にプレッシャーをかけられるし逆に相手の判断を遅らせる事も出来るのです。

アクションをとる速度を決断力と勝手に呼んでますけどこの決断力を上げて行く事が上と戦う時は試合を"誤魔化されない" 下と戦う時はより本数を抑える為に必要なんじゃないかなと思います。

 

S級位になって来るとこの決断力の速さが尋常じゃないのに加えて判断自体も的確です

目まぐるしく展開が変わるフィールドに追い付いて的確な判断を下せるようになるのはまだまだ遠い話になりそうですが僕は負けません